本部長ブログ

14 2018.9

(仮称)おとうさんの学校設立向けて!

昨年は人生の区切りの還暦を迎えました。振り返ればあっというまの60年でした。これまで、たくさんの方との出会いがあり、たくさんの方にお世話になり今があります。過去のブログでも紹介しましたが、その出会いがなければ今のポジションで仕事をしてなかったと思います。
その出会いの一つで、今も所属している中小企業家同友会は「経営者の学校」と呼ばれています。なぜなら、中小企業を経営するための大切なことを学べるツールがあり、共に学び実践する仲間がいるからです。そのツールとは同友会会員が60年の経営実践から学んだ集大成でもある「経営指針成文化と実践の手引き」「企業変革支援ブログラムステップ一Ⅰ」「企業変革支援プログラムステップⅡ」です。そして、仲間とは同友会理念の体現企業を目指して、共に学び実践している全国46,000人を超える経営者です。
同友会でいう「経営指針」とは、理念、10年ビジョン、方針、計画のこと言います。私も平成21年に学校法人やまもも学園の経営指針を作成しました。その指針があったから迷った時に自信をもって決断することができました。その決断で今まで日の当たらなかった私立幼稚園に来たチャンスを掴みました。
そこで、今年は同友会で学んだ経営指針の家族版をつくろうと考えています。なぜなら、同友会で経営指針を作成され実践している経営者は社員さんと社員さんの家族の幸せのために、いかなる環境でも会社を維持発展させ業績を伸ばし働く環境整備を整えています。そしてこのことを家庭に置き換えると、お父さんがその役割だと思います。いかなる環境になっても家族の幸せのためにお父さんが責任を持つことだと確信しました。そして、そのようなお父さんが増えることで幸せな家庭が増えると思います。 
平成8年桜井幼稚園PTA会長の時に桜井幼稚園「おやじクラブ」を結成し、お父さんの交流をおこなってきました。以前は一緒に行動して楽しみましたが、孫のいる年齢になりましたので別の関わりを模索していました。また、やまもも学園の子育て支援事業として開催している「メンター講座」や「子育て講演会」などへの参加はお母さんが多く、お父さんの参加が少ないので、お父さん対象の講座も模索していました。
そこで、私の60年間の数多い失敗からの集大成でもある「家族指針の成文化と実践の手引き」を作成し「お父さんの学校」を開講したいと考えています。(仮称)「お父さんの学校」では「家族指針成文化と実践の手引き」に基づき少人数で平成31年度内に開講目指して準備をします。
具体的には、お父さんに「何のために結婚して、どのような家族になりたいのか」など家族の理念、10年後の家族ビジョン、家族の方針、計画を作成してもらいます。その家族指針を家族やまだ作成されていないお父さんに向けて報告してもらいます。ぜひ、ご期待ください。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027