本部長ブログ

13 2018.3

さくら保育園開園

今年度もあとわずかとなりました。3月17日(土)は桜井幼稚園、芸術学園幼稚園の卒園式です。春は別れと新たな出会いがありますね。
さて、昨年11月に着工しました企業主導型保育事業「さくら保育園」が4月にオープンします。企業主導型保育事業?まだ一般には知られていない制度だと思います。
企業主導型保育事業は国の待機児童対策として平成28年度よりスタートしました。安倍内閣が待機児童0を目指した政策の一つです。要するに国は市町村に任せても待機児童0が実現不可能との判断をしました。そこで待機児童対策を企業に求めたのです。この制度は国、企業、従業員の三方良しだと思います。なぜなら、国は待機児童対策になり、企業は自己負担が少なく従業員の保育所を完備できます。そして従業員も育休明けに保育所を探さなくても安心です。また、今の企業の課題は人材不足です。自社で保育所を完備することにより採用面でも有利になります。
それではなぜやまもも学園がこの企業主導型保育事業をスタートさせるのか?
まず、一つ目は教職員が100名を超え、4年前から毎年新卒採用を続けていますので今後保育所を利用する教職員が増えると予測しています。その際の受け皿として「さくら保育園」をつくりました。
二つ目は教職員の福利厚生として負担の多い保育料の軽減です。「さくら保育園」利用の教職員は無料としました。
三つ目は県内外の中小企業の経営者にこの事業を紹介し、やまもも学園の教育保育と食育を広げるためです。
さくら保育園の定員は0歳4名、1歳4名、2歳4名の12名です。そして病後児保育定員4名となっています。
なぜ、0、1,2歳か、なぜ少人数なのか?なぜ病後児保育なのか?
待機児童の多いのは0,1、2歳であること。0,1,2歳は少人数で特定の大人との関わりで健全に育つこと。お子さんが病気の時、初日は保護者が病院に連れて行き診察をしたあとも一緒にいてあげて欲しいと思いますが、回復期においてはすぐに集団生活に戻るのではなく病後児保育を利用して欲しいと思います。
この企業主導型保育事業の「さくら保育園」やまもも学園の教職員だけでなく、他の企業さんの従業員のお子さんや地域のお子さんも受け入れ可能です。30年度に育休明けの従業員さんがいる企業さんはぜひご相談ください。また、希望の保育所に入れなかった方もぜひご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027



23 2018.1

よさこい

学校法人やまもも学園では桜井幼稚園、芸術学園幼稚園が毎年親子でよさこいに出場しています。幼稚園でよさこいに出場することになったのは、三女が平成7年に桜井幼稚園へ入園し、PTA会長をさせていた時でした。丁度その年は桜井幼稚園の経営は高知新聞社から龍馬学園に変わった初年度で、その翌年の平成8年には芸術学園幼稚園も龍馬学園に経営が変わりました。
私は大学時代4年間関西地区大学連合のよさこいに没頭しており、甲南大学経営学部よさこい学科卒業と言っても過言ではないくらいでした。平成7年に関西地区大学連合のOB会でよさこい祭りに参加しようと実行員を立ち上げ参加しました。、当時の芸術学園幼稚園の副会長さんが菜園場競演場で私たち夫婦が踊っているのを見かけて、姉妹園になったことを機にいっしょに親子で踊らんと声をかけていただいたのがきっかけでした。そしてスター時のコンセプトは必ず親子で一緒に参加すること、なるべくお金をかけないこと、子どもの体調に合わせて途中参加、途中退場もOK、夜は18時までとすることでした。
いままで紆余曲折ありながら今日に至っています。今年も8月の本番向けて各園の実行委員さんが準備にご尽力をいただいています。ありがとうございます。
やまもも学園はなんのためによこいへ参加するのか?まず、第一には転勤族の多い幼稚園であったので親子でよさこいに参加していただき高知の良い思い出にしてほしい。第二に地元の方も親子で踊ることでよさこいの魅力を味わってほしい。第三によさこいを通して良き人間関係を構築してほしい。第四に幼稚園をPRしたい。
今年23年目を迎えるにあたって再度よさこいへの参加の意義を検討したいと考えています。
実行委員の皆さんよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027



続きを読む

3 2018.1

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
平成29年はどのような年でしたでしょうか?平成27年度にスタートした「子ども・子育て新制度」も3年目を終えようとしています。保護者の皆さんには子育て支援が充実した実感はあったでしょうか?高知市在住の方は二人目からお子さんの保育料が無料となり家計の負担が減ったと思います。ぜひ、高知県下に広がればと願っています。

それでは平成30年はどのような年になるのでしょう?幼児教育無償化が実現に向けて進んでおり、平成31年以降段階的に無償化になっていくと思います。また、待機児童対策も企業主導型保育事業で事業所内保育所が増えてその受け皿となりそうです。そして、介護の社会化で導入された「介護保険」の子ども版、子育ての社会化を推進するための「こども保険」の導入も検討されています。今後、子育て支援を推進していく上で新たな財源が消費税以外に必要になってくるのは間違いないと思います。

高知県内では明るいニュースがあります。まず7月には待望の「新図書館」が帯屋町にオープン、また、11月には高知県で初めての「屋内の親子の遊び場」が南御座にオープン予定で準備をしています。今まで雨の日に親子で行く場所はダントツ「イオン高知」でしたが、この二つの施設は保護者の皆さんには待ちに待った施設ではないでしょうか?

やまもも学園は4月に新図書館の南、帯屋町チェントロ2階の25坪のスペースに子育て支援センターを開所します。また、南御座の親子の屋内遊び場内にも同スペースで子育て支援センターを開所を予定しています。

子育て支援センターは現在高知市内に11か所あり、10時~15時の間親子で遊びに行けるスペースを提供しています。岡﨑高知市長は将来は各小学校校区に1ヶ所つくりたいと言ってますので最終は44ヶ所になる予定です。


ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027




11 2017.11

本部長ブログがスターして9年目になりました!

2009年(平成21年)6月5日にスタートしたブログも不定期ではありますが8年となりました。

きっかけは平成21年5月にやまもも学園が食育に取り組むきっかけとなった長野県真田町の元教育長大塚貢先生との出会いでした。

そして、当時毎朝つくっていましたお弁当メニューや我が家の調味料紹介などをブログでアップさせていただきました。

振り返ってみれば、この年がやまもも学園を大きく方向転換していくスタートの年となりました。この年の7月には同友会で経営指針(理念・方針・計画)を作成、同じく7月には教職員で一泊二日の合宿で目指す園を「笑顔いぱいの幼稚園」とし、その笑顔はまずは教職員からと確認しました。

平成22年11月には桜井幼稚園に新園舎ができ、平成23年1月に幼稚園型認定こども園として高知市から認可を受けました。認可のこども園では初めて日曜保育がスタートしました。また念願の自園調理も始まりました。

平成27年4月には子ども子育て新制度がスタートし、それに伴い、桜井幼稚園・芸術学園幼稚園とも幼保連携型認定こども園に移行しました。芸術学園幼稚園も自園調理が始まり、無農薬の玄米和食味噌汁付の給食がスタートしました。

平成28年4月には帯屋町チェントロ2階に0歳6名・2歳6名、合計12名の定員の小規模保育施設「さくらんぼ園」が開園しました。

平成30年4月には桜井町に教職員のお子さんをお預かりする企業主導型保育施設仮称「やまもも」が開園します。
定員は0歳4名・1歳4名・2歳4名、合計12名と病児病後児保育4名です。

教職員数も平成16年2月に事務局長として就任した時は桜井幼稚園・芸術学園幼稚園併せて27名でしたが、今年は100名を超えました。

これからも、「笑顔いっぱいの幼稚園」目指して活動していきますのでよろしくおねがいします。


ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027


2 2017.7

乳幼児期からのグローバル教育について

今年1月に見学させていただいたシンガポールのイーズインターナショナルプレスクールです。

久しぶりのブログ更新となりました。6月27日(火)は学校法人やまもも学園の定時理事会・評議員会が開催され、平成28年度事業報告及び決算報告、平成29年度事業計画及び予算案、新役員が承認されました。また、平成28年度の決算書に公認会計士さんの監査報告書を付けて高知県、高知市への提出も終了しました。
2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動として小学校からの英語教育がはじまりました。2011年には「小学校5年生から必修」となり、今では小学校の英語教育はすっかり浸透しているようです。そしてさらに低年齢化され「小学校3年生からの必修化」「小学校5年生から教科化」が2020年度に完全実施されます。
そこで学校法人やまもも学園として乳幼児期からのグローバル教育についての方針を打ち出すために今年度はこのことについて学習していきたいと考えています。
また、やまもも学園の乳幼児教育のアドバイザーで子育て支援の講師として毎年お越しいただいています白梅大学学長の汐見稔幸先生から「これからの子どもは日本人としてでなくアジア人として育てる必要がある、なぜならば、今の子どもたちが就職する時に日本の企業であっても支店は東南アジアに点在しており、配属が東南アジアになる可能性もある。だからと言って乳幼児期から英語を習わすのでなく、治安の良い東南アジアへ家族で旅行に行って体感してほしい」とアドバイスをいただきました。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027


続きを読む