本部長ブログ

2 2017.7

乳幼児期からのグローバル教育について

今年1月に見学させていただいたシンガポールのイーズインターナショナルプレスクールです。

久しぶりのブログ更新となりました。6月27日(火)は学校法人やまもも学園の定時理事会・評議員会が開催され、平成28年度事業報告及び決算報告、平成29年度事業計画及び予算案、新役員が承認されました。また、平成28年度の決算書に公認会計士さんの監査報告書を付けて高知県、高知市への提出も終了しました。
2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動として小学校からの英語教育がはじまりました。2011年には「小学校5年生から必修」となり、今では小学校の英語教育はすっかり浸透しているようです。そしてさらに低年齢化され「小学校3年生からの必修化」「小学校5年生から教科化」が2020年度に完全実施されます。
そこで学校法人やまもも学園として乳幼児期からのグローバル教育についての方針を打ち出すために今年度はこのことについて学習していきたいと考えています。
また、やまもも学園の乳幼児教育のアドバイザーで子育て支援の講師として毎年お越しいただいています白梅大学学長の汐見稔幸先生から「これからの子どもは日本人としてでなくアジア人として育てる必要がある、なぜならば、今の子どもたちが就職する時に日本の企業であっても支店は東南アジアに点在しており、配属が東南アジアになる可能性もある。だからと言って乳幼児期から英語を習わすのでなく、治安の良い東南アジアへ家族で旅行に行って体感してほしい」とアドバイスをいただきました。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027


続きを読む