本部長ブログ

23 2018.1

よさこい

学校法人やまもも学園では桜井幼稚園、芸術学園幼稚園が毎年親子でよさこいに出場しています。幼稚園でよさこいに出場することになったのは、三女が平成7年に桜井幼稚園へ入園し、PTA会長をさせていた時でした。丁度その年は桜井幼稚園の経営は高知新聞社から龍馬学園に変わった初年度で、その翌年の平成8年には芸術学園幼稚園も龍馬学園に経営が変わりました。
私は大学時代4年間関西地区大学連合のよさこいに没頭しており、甲南大学経営学部よさこい学科卒業と言っても過言ではないくらいでした。平成7年に関西地区大学連合のOB会でよさこい祭りに参加しようと実行員を立ち上げ参加しました。、当時の芸術学園幼稚園の副会長さんが菜園場競演場で私たち夫婦が踊っているのを見かけて、姉妹園になったことを機にいっしょに親子で踊らんと声をかけていただいたのがきっかけでした。そしてスター時のコンセプトは必ず親子で一緒に参加すること、なるべくお金をかけないこと、子どもの体調に合わせて途中参加、途中退場もOK、夜は18時までとすることでした。
いままで紆余曲折ありながら今日に至っています。今年も8月の本番向けて各園の実行委員さんが準備にご尽力をいただいています。ありがとうございます。
やまもも学園はなんのためによこいへ参加するのか?まず、第一には転勤族の多い幼稚園であったので親子でよさこいに参加していただき高知の良い思い出にしてほしい。第二に地元の方も親子で踊ることでよさこいの魅力を味わってほしい。第三によさこいを通して良き人間関係を構築してほしい。第四に幼稚園をPRしたい。
今年23年目を迎えるにあたって再度よさこいへの参加の意義を検討したいと考えています。
実行委員の皆さんよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027



続きを読む

3 2018.1

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
平成29年はどのような年でしたでしょうか?平成27年度にスタートした「子ども・子育て新制度」も3年目を終えようとしています。保護者の皆さんには子育て支援が充実した実感はあったでしょうか?高知市在住の方は二人目からお子さんの保育料が無料となり家計の負担が減ったと思います。ぜひ、高知県下に広がればと願っています。

それでは平成30年はどのような年になるのでしょう?幼児教育無償化が実現に向けて進んでおり、平成31年以降段階的に無償化になっていくと思います。また、待機児童対策も企業主導型保育事業で事業所内保育所が増えてその受け皿となりそうです。そして、介護の社会化で導入された「介護保険」の子ども版、子育ての社会化を推進するための「こども保険」の導入も検討されています。今後、子育て支援を推進していく上で新たな財源が消費税以外に必要になってくるのは間違いないと思います。

高知県内では明るいニュースがあります。まず7月には待望の「新図書館」が帯屋町にオープン、また、11月には高知県で初めての「屋内の親子の遊び場」が南御座にオープン予定で準備をしています。今まで雨の日に親子で行く場所はダントツ「イオン高知」でしたが、この二つの施設は保護者の皆さんには待ちに待った施設ではないでしょうか?

やまもも学園は4月に新図書館の南、帯屋町チェントロ2階の25坪のスペースに子育て支援センターを開所します。また、南御座の親子の屋内遊び場内にも同スペースで子育て支援センターを開所を予定しています。

子育て支援センターは現在高知市内に11か所あり、10時~15時の間親子で遊びに行けるスペースを提供しています。岡﨑高知市長は将来は各小学校校区に1ヶ所つくりたいと言ってますので最終は44ヶ所になる予定です。


ブログランキングに参加しています。
下記の写真をクリックお願いします。

IMG_9027